子育てをできるだけラクにHappyに!

3歳児・2歳児を子育て中の主婦です。岡山県津山市在住。たまに大阪へ帰省。子育て、旅行、お金の増やし方などについて発信していきたいと思います。

【読書感想】革命のファンファーレ 現代のお金と広告(西野亮廣)

「光る絵本と光る万願寺展」へ行ってから気になっていたので、革命のファンファーレ 現代のお金と広告 [ 西野亮廣 ]を読みました。


 

 

snoopy3939.hatenablog.com

【感想】<革命のファンファーレより引用>

考え方が新しくてまさに革命的な本でした。

 

常識のアップデートをとめてはいけない。

変化しなければ死んでしまう時代なのだから。

農業革命よりも、産業革命よりも、大きな革命。情報革命。

 

親や先生の常識は通用しない。

ここからは好きなことを仕事化するしか道が残されていない時代。

 

もともと両親からあまり干渉されずに育ったので、「いい学校への進学」「安定した職業への就職」など言われたことがなかった。

自分でどの高校、大学へ進学するのか、どこで働くのかと自分で考えて選んできた。

私のすすむ道を見守ってくれたので、親世代から常識をおしつけられることもなかった。

 

自分自身が旅行会社や塾で働いていたとき、仕事をすることは苦痛ではなかった。

(数年前していた保険事務のパートは作業を淡々とこなすだけで苦痛も味わったが…)

 体力的にも精神的にもつらいこともあったが、好きなことをしていたので楽しく働いていた。

この本を読みながら、ブログなどを通じて自分の好きなことを仕事化できればどんなに素敵かと感じた。

 

 

えんとつ町のプペル」の作り方、広告について

資金繰りの話の後に、えんとつ町のプペルの作り方、広告について詳しく書かれていた。特に印象に残ったところについて感想。


 

大ヒット中の絵本『えんとつ町のプペル』を全ページ無料公開します(キンコン西野)|新R25 - 20代ビジネスパーソンのバイブル

 

インターネットが物理的制約を破壊。

それに合わせて売り方も変えていかなければならない。

インターネットはありとあらゆるものを無料化した。

これによりブログなどで収益を得ることも可能になったといえる。

 

インターネット上で絵本の無料公開。

絵本はネタバレがスタートライン。

「確かに!!」と感じた。

本屋で立ち読みしたり、図書館で借りてみてよかった本を購入する!その通り!

自由に使えるお金も、自由に使える時間もない。その通り!

 

「おとぎ出版」で国民総クリエイターの時代!

本を出したい人が、クラウドファンディングで本の買い手を事前に募り、100人の買い手が見つかった時点で、出版が決定するという仕組み。

100人ならなんとかなるのでは?

今はブログすらまともに書けていないけど、自分の思いのこもった本が出版されると考えるとワクワクする。

 

とくかく行動することが大切。

踏み出す勇気は要らない。必要なのは情報。

 

育児の合間に自分が出来ることからはじめます!!

 

「革命のファンファーレ」の「はじめに」は全文公開されているので気になる方は読んでみてください。気に入れば本を購入してくださいね!

ameblo.jp

次はこれを読んでみたいです!